• ホーム
  • システインの特徴とAGA治療薬と万有製薬について

システインの特徴とAGA治療薬と万有製薬について

悩む男性

システインは肉類および魚介類に多く含まれている栄養素になりますが、皮膚に含まれているメラニン色素の生成を抑制するアミノ酸の一種でもあり、毛髪や身体の中に在るムダ毛、爪、肌など多く含まれているアミノ酸と言います。
また、システインは優れた抗酸化作用を持ち、健康な体を維持するためには欠かせないアミノ酸でもあり、ヘアケアにおいても同じ事が言えます。
尚、システインは健康食品などのサプリメントからも接種が出来るようになっており、食事だけでは十分な量を補うことが出来ない時などサプリメントが有効成分を体内に取り入れる事が出来るようにしてくれます。

所で、AGAと言うのは脱毛症の中でも遺伝子の影響を受ける事、強制脱毛ホルモンが毛周期を乱す事、そのままにしておくと全ての毛が抜けてしまう恐れがある事などの特徴が在ります。
尚、AGAは毛周期を乱す強制脱毛ホルモンが薄毛の状態を引き起こしてしまうのですが、強制脱毛ホルモンはDHTとよばれるもので、体内酵素とテストステロンとが結び付いて変換される事でDHTと言う強制脱毛ホルモンが悪さをすると言う事になります。
プロペシアはAGAの特効薬としても有効と言われているのですが、プロペシアは万有製薬から2005年に発売された医薬品で、フィナステリドと言う医薬品が主成分になっており、フィナステリドは還元酵素を阻害するため、強制脱毛ホルモンというものが存在しなくなり、毛周期を正しくすることが出来るので発毛効果を期待することが出来るようになります。
尚、プロペシアはAGAの治療薬として有効な医薬品ではありますが、他の薄毛に対する作用が無い事、男性機能の低下と言った副作用が生じる事が在るなどの理由からも、AGA専門病院での検査を受ける事が大切です。