髪に関して心配する男性

男性型脱毛症のことをAGAといい、今では広く馴染まれている名称になっています。
抜け毛を促進させる男性ホルモンが原因となって薄毛になる症状がAGAですが、他にも薄毛になる症状があります。
代表的な症状として甲状腺の病気や医薬品の副作用によって抜け毛が増えることもあります。
基本はその症状を抑えたり、医薬品を使うのをやめれば元通りになることが多く、他にはストレスなどでも生じる円形脱毛症も代表的な症状になります。

また血液がうまく頭皮を促進しないことで薄毛になってしまうこともあります。
頭皮が緊張状態になってカチカチになり、うまく血液促進することができず頭髪が成長しない症状もあります。
また皮脂が原因で抜け毛を引き起こすこともあります。
皮脂が毛穴に詰まってしまうと、うまく新陳代謝ができなくなり炎症を引き起こし頭髪の成長を邪魔することもあります。
このように幅広く薄毛の原因がありますので、自分に合っている症状にあった治療法を求めなければなりません。

ただAGAはいろんな症状を併発していることもあります。
男性ホルモンが原因にもなっているけれども、血液の促進が不十分で頭髪が成長しない、またAGAの男性は皮脂が多いことから毛穴のケアは皮脂による炎症を抑えることも求められる治療になります。
最近はクリニックにいかなくても、個人輸入を使って医薬品を購入し、個人の判断で治療を開始するのが人気を集めていますが、もし症状がAGAでなければ意味のない治療になってしまうでしょう。
そのようなことにならないためにも、皮膚科の医師やAGAを取り扱っているクリニックにいって、症状をみてもらい、医師の管理下で治療を開始することが大切です。

AGAは薬で治療することができます。
治療薬にはプロペシアやロゲインと呼ばれる医薬品を使用します。
ほかにも様々なAGAの薬は存在していますが、どれも効果が大きい分副作用も存在しているので取り扱いには注意しなくてはなりません。
女性が使用してはいけないAGAの薬も存在するのです。
薬を使用してAGAを治療する場合は、用量や用法などの使用方法を医師にしっかりと指導してもらい開始しましょう。